酵素って知ってる?ダイエットの強い味方を活用しよう

「酵素」って最近よく聞きませんか?

なぜ酵素でダイエットができるの?

そんな疑問にお答えしたいと思います。

酵素の種類

 

酵素の成分はたんぱく質で、

  • 代謝酵素
  • 消化酵素
  • 食物酵素

の3つの種類があります。

あらゆる生物がもっており、たんぱく質からできています。

代謝酵素と消化酵素、この2種類は体の中で作り出す酵素です。
体の外、つまり、食物から取り入れる酵素を食物酵素といいます。

それぞれの酵素の働きを見てみましょう。

代謝酵素

 

体は糖質や脂質をエネルギーに変換して活動しています。
食物から取った栄養素だけではエネルギーを作り出せないのです。

そこで代謝酵素の出番。
筋肉や内臓にある代謝酵素が、栄養素をエネルギーに変えてくれます。

ダイエットには代謝酵素に活発に働いてもらうことが大切です。

消化酵素

 

消化酵素は胃や小腸にあって、栄養素の吸収に役立つ酵素です。

食物からと取り入れた栄養素は、そのままでは体は吸収してくれません。

たんぱく質はアミノ酸、糖質はグルコース、脂肪は脂肪酸がそれぞれ結びついてできています。アミノ酸、グルコース、脂肪酸のレベルにまでバラバラにしなければ体は吸収してくれないのです。

消化酵素はそれぞれの栄養素の結びつきをはずして、分解してくれる酵素。

食物酵素

 

代謝酵素や消化酵素は体内にある酵素ですが、食物酵素はその名のとおり、食物に含まれています。

栄養素の結びつきをはずし、体が吸収できるレベルにまで分解する働きがあります。
先ほどの消化酵素と同じですね。

気を付けなければならないのは、火を通さず生のまま取るということ。酵素の働きが最も活発になるのは50℃ぐらいとされています。炒めたりゆでたりと火を通すと酵素は働かなくなってしまいます。

ダイエットの大敵!酵素不足

 

消化酵素が不足すると、消化力・吸収力が下がってしまいます。

代謝酵素が不足すると、栄養素をエネルギーに変換できず、疲れやすくなったり体力が低下したりします。また、代謝がスムーズに行なわれなくなるため、脂肪を体内に溜め込んでしまい、やせにくい体になってしまいます。

酵素はいくらでもある?

 

酵素は無限大にあるものではなく、生涯で体が作り出す酵素には限りがあると言われています。20代と比べると40代では50%、60代では30%しか作り出せなくなります。

年齢を重ねた人は、食物で足らない酵素を補い、酵素を無駄に使わないように気を付けて、やせやすい体づくりをしてみませんか?

酵素を無駄に使わない食生活

  • 生野菜や果物をしっかり取る
  • スイーツなど甘いもの、インスタント食品やファストフードは控える
  • 夕食は早めの時間にとる

生野菜や果物には、酵素が多く含まれているものがあります。意識してたくさん取るようにしましょう。

甘いもの、インスタント食品やファストフードが含む糖分や体によくない油の分解に酵素を多く使ってしまうため、肝心の代謝や消化に使える酵素が少なくなってしまいます。

食事時間が遅いと、消化不良を起こし、酵素もたくさん必要になります。酵素や胃は正午から夕方にかけて活発に活動し、夜9時以降は活動が弱くなると言われています。

体の中の酵素は有限なので、食物から食物酵素を補いましょう。

どんな食物に酵素が含まれているのか、ご紹介します。

こんな食物に酵素が

 

酵素は生野菜や果物に多く含まれます。野菜は必ず生で取りましょう。火を通すと酵素の働きはなくなってしまいます。

食事の1時間前に取ると食事中に食物の分解を始めてくれます。

発酵食品

発酵食品も多くの酵素を含んでいます。発酵食品には乳酸菌も含まれています。乳酸菌は酵素の働きを活発にする作用があるのでぜひ取るようにしましょう。

乳酸菌には動物性と植物性がありますが、植物性がベスト。胃酸で溶けにくく、生きて腸に入りやすいからです。

動物性乳酸菌

  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト

植物性乳酸菌

  • 納⾖
  • 漬物
  • ぬか漬け
  • など

酵素のための生活習慣

食物繊維を取る

食物繊維もダイエットのために欠かせない要素です。

コレステロールの吸収を抑えるため、糖尿病にもよいのです。

また、腸内環境がよくなるたので、酵素が活発に働くようになります。

抗酸化食品を取る

細胞が錆びる、体が錆びる、とよくいいますね。細胞が錆びるってどういうことでしょう?

錆びる、というのは酸化する、という意味です。細胞を酸化、つまり、錆びさせる(老化させる)のは活性酸素です。活性酸素は代謝を悪くし、結果エネルギーをうまく利用できなくなります。

発酵食品には、活性酸素の活動を抑える抗酸化作用があります。発酵食品に加えて抗酸化作用のあるビタミンA・E・Cを多く含む食物を取ると、体の酸化を防ぎ、細胞を保護してくれます。

細胞が保護されると効率よく代謝できる体になり、やせやすい体になれるのです。

質の良い睡眠を

眠っている間に体は酵素を作って貯めています。夜の間に貯めた酵素で朝から活動的な1日を送るために、日付が変わる前には寝て、7時間程度眠りましょう。

酵素でいきいきと

酵素を無駄に使わず、不足した酵素を食物酵素で補うようにしましょう。酵素にしっかりと働いてもらって、健康でいきいきとした毎日を送りませんか?