睡眠と酵素の意外な関係って? 美肌になれるってホント?

あなたはきちんと睡眠がとれていますか?

5人に1人は睡眠不足と言われています。いつもよく眠れなかったり、長い時間寝ても眠かったり、なかなか寝付けなかったり。

よく眠れないためにクマができたり肌がカサカサになったり、美容面でも悩んでいませんか?

よく眠れない原因のひとつは冷え性です。女性の2人に1人は冷え性だと言われています。寒い時期はもちろん、夏でも冷えて睡眠不足になる人も多いのではないでしょうか。

肌荒れや睡眠不足を解決してくれるものがあるんです。

それは酵素です。

酵素で美肌と質の良い睡眠が得られるんです。一見関係なさそうですが、大いに関係があります。その理由をこれから説明していきます。

酵素の働きって?

酵素には

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

の3つがあります。

それぞれの酵素の働きを見てみましょう。

消化酵素

消化酵素は体の中にあって、次のような種類があります。

  • リパーゼ
  • プロテアーゼ
  • アミラーゼ

リパーゼは内臓脂肪や皮下脂肪、プロテアーゼはタンパク質やアミノ酸、アミラーゼはデンプンやグリコーゲンをそれぞれ分解します。これら消化酵素はその名のとおり消化を助けます。腸内環境を整えてくれ、ダイエットに役立ちます。

特にリパーゼは脂肪を分解してくれるので、ダイエットには欠かせない酵素です。

代謝酵素

代謝酵素も体の中にあり、血のめぐりをよくして新陳代謝を促してくれます。血のめぐりがよくなるとどうなるのでしょうか。

まず、冷え性が改善されます。代謝がよくなるので、体の中のいらないものが排出され、太りにくい体へと体質改善も可能です。免疫力が上がり、病気になりにくい体になります。

美と健康のためには欠かせない酵素ですね。

食物酵素

消化酵素・代謝酵素は体の中で作られる酵素です。このような酵素を潜在酵素といいます。

食物酵素は体の外、つまり、食べ物に含まれています。

果物や生の野菜に多くある酵素です。

栄養は実よりも皮に多いので、すりおろしたりスムージーにしてとるとよいでしょう。

アンチエイジングは腸内環境から

ところで、腸内環境がよいとアンチエイジングになるのはご存知でしょうか。これまで説明してきたとおり、代謝や消化が大きく関係しているんです。腸の健康状態がよくないと、さまざまな悪影響を及ぼします。食事を遅い時間にとる、睡眠の質が悪い、外食が多いなどの生活習慣は腸に負担をかけることになります。

また、年齢が上がると体の中の消化酵素や代謝酵素は減っていきます。20代と比べると40代では50%、60代では30%に減ってしまうんです。消化や新陳代謝が悪くなり、腸の状態が悪くなってしまいます。

ターンオーバーで美肌に

ターンオーバーという言葉はご存知ですね。これは新陳代謝のことです。

代謝がうまくできないと、古い角質が肌に残り、くすみなど肌トラブルの原因になってしまいます。

よい腸内環境は正常なターンオーバーを促し、美肌を作り出すのです。アンチエイジングには生活習慣を見直すことも大切です。

美のためによい眠りを

睡眠も美と健康のためには大切な要素です。寝ている間に体の中の酵素が作られるからです。酵素が新陳代謝を促すことはすでにご存じですね。クマや肌荒れ、冷え性を改善できるんです。

睡眠のリズムが整うと、ターンオーバーが正常になって、肌が美しくなる。質の良い眠りを心がけたいものです。

では何時にどのくらい眠ればよいのでしょう?

午後8時から午前4時の8時間が理想とされています。そんなのムリ!ですよね。平均7時間の睡眠をとれば美肌には十分効果があるという研究もありますので、7時間を目指しましょう。

美と健康のために生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。いきなりではなく、少しずつ、自分のペースで。まずは毎日の睡眠から見直してみましょう。