体臭が気になる方必見!酵素はカラダの気になる臭い予防にも効く!

あなたは自分を、におうな、と思ったことがありますか?

体臭や口臭って体の中からにおってくるから消しようがない。香水をたくさんつけてごまかしたり、一生懸命歯磨きしたり。でも、やっぱり気になりますよね。

体のにおいに酵素が効くのはご存知ですか?

今回はこの体臭・口臭予防になぜ酵素が効くのか解説します。

体臭・口臭はなぜきつくなるの?

 

肉中心の食生活

日本人は欧米人に比べて腸が長いため、肉の消化には適していないと言われています。消化しきれない食物のカスが腸の中に残ってしまい、便秘になります。便秘は口臭の原因になります。

肉などの動物性たんぱく質を取り過ぎると、皮脂腺が活発になります。皮脂腺から多くの脂が分泌されるため、体臭がきつくなります。

また、酵素が不足すると疲労物質の乳酸が生成されますが、乳酸はアンモニアと一緒に汗に出るため、汗がにおってしまうのです。

体のにおいのメカニズムを探ってみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

 
年齢を重ねてホルモンバランスが乱れてくると、いわゆる加齢臭がするようになります。加齢臭っておじさんだけ、と思われるかも知れませんね。いえいえ、女性にも加齢臭は発生します。

一般にいう加齢臭とは、ノネナールという物質が原因となるにおいです。ノネナールは平たく言うと、脂質が酸化した(腐った)ものです。

年齢を重ねると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ります。エストロゲンには血管や細胞を傷つけるなど体の酸化を防止する働きがあります。
これを抗酸化作用といいます。エストロゲンの分泌が減ると抗酸化作用が弱くなり、加齢臭が発生するのです。

イライラ・緊張

イライラや緊張などストレスを感じた時に脇汗が出てにおうことがありますね。
ストレス臭と呼ばれるものです。

脇の下や耳の中にあるアポクリン腺から出た汗がにおいを発するのです。いわゆる「脂汗」です。

運動不足

 
運動している人の汗はさらさらしています。そして全身から汗が出ます。

筋肉がついているので、ミネラルなど必要な栄養素は体に取り込んで、水分だけを出すデトックスシステム(毒素排出システム)がきちんと働くため、余分な水分だけを体の外に出せるのです。

プチ情報

マラソン選手の汗は10kmを過ぎたあたりが一番よいにおいがするそうです。もっとも毒素を排出した汗なのだそうです。

一方、運動不足の人の汗はアンモニア臭がします。運動しない人は、血液の流れが悪く、筋肉が落ちています。

満員電車などでストレスを感じた時に乳酸が分泌されます。乳酸はアンモニアと一緒に汗となって体の外へ出るため、アンモニア臭がするのです。

「部分汗」って聞いたことがありますか?

首や脇、背中だけにかく汗です。その他の部位、特に下半身は、汗腺が退化して休眠汗腺となり、汗をかけなくなっているのです。休眠汗腺に目覚めてもらうためには、足湯・手湯やジョギングをして、体全体の汗腺を刺激することが大切です。

また、冬に厚着や暖房などでかいてしまう「冬汗」がにおう人も、運動不足が原因となっていることが少なくありません。

部位別においの成分

 

脇の下・耳の中

先ほども説明したように、脇の下や耳の中などにはアポクリン腺という、分泌物を体の外に出す外分泌腺があります。

アポクリン腺から出る汗には尿素、アンモニア、皮脂腺から分泌される皮脂や鉄分が含まれており、皮膚の表面のたんぱく質と混ざり合います。常に皮膚にいる雑菌がこれを分解してにおいの元となるのです。
 

胃腸、消化器系の機能の低下

 

胃や腸、消化器系の機能が低下すると、インドールやスカトールという物質が発生しやすくなります。これらは極めて低濃度であれば、オレンジやジャスミンなど花の香りがして香料の原料になるのですが、大便臭がする物質です。

胃腸が不調だと便秘になりやすく、便が腸の中に長い時間残るようになります。血液が便の成分を吸収して息となり、体の外へ出てしまうのです。

つまり、口から便のにおいがするということです。ぞっとしますね。

このような状態にならないよう、腸内の環境をよい状態に保ってお通じをよくするよう心がけましょう。

肝機能・腎機能の低下

アンモニアは通常なら尿から体の外へ出されます。しかし、肝臓や腎臓の機能が弱っていると、血液中に流れ出てしまい、肺から息になって排出されてしまいます。

口臭にアンモニア臭が混ざってしまうことになるのです。

糖尿病

糖尿病は体内の糖がうまく代謝されず、血糖値が高くなる病気です。

血糖をエネルギーに変換するインスリンがほとんどなくなり、体は脂肪とたんぱく質を分解してエネルギーにしようとします。この分解の段階で発生するアセトンがにおいの元となります。

アセトンは血液が吸収し、体の外へ出してしまいます。これをアセトン臭といいます。
ケトン体とも呼ばれることもあります。りんごが腐ったようなにおいです。

糖が不足しても同じ状態になるので、アセトン臭が発生します。糖尿病にならないよう生活習慣に気を配り、無理な糖質制限ダイエットはしないようにしましょう。

酵素で体臭予防

 

このような体のにおいは酵素で予防できるんです。酵素には消化を助けてお通じをよくし、血液の流れをよくする働きがあります。疲れた内臓を元気にする機能もあるので、ここからくるにおいも軽減できます。

内臓を正常に機能させるために、酵素サプリメントが手軽でおすすめです。