話題のダイエットまとめ5本

ダイエットをすることは、特別なことではなくなってきました。

そして、常に新しいダイエット情報が話題に上っています。一体どれに効果があるのか、迷ってしまいますね。

最近話題に上っているダイエット法を、5本まとめてみました。

効果があるということで、聞いたことのある方も多いかも知れません。

基本のおさらい、痩せる仕組みとはどういうことか

痩せるって、どういうことでしょうか。その疑問に欠かせない言葉が「カロリー」です。何度も耳にしたことのあるこの言葉、もう一度しっかり知ってみましょう。

人間は、体の中にある、脂肪、炭水化物、タンパク質を燃やして、エネルギーを発生して生きています。

カロリーとは、体にある栄養素を燃やしたときにできるエネルギーの単位のことをいいます。食品のパッケージに、~kcalという表示がありますね。気にしてみている方も多いのではないでしょうか。

カロリーには、摂取カロリーと消費カロリーの二種類があります。摂取カロリーは、食べたものから得られるエネルギー、消費カロリーは、運動や基礎代謝で消費されるエネルギーです。

この二つのカロリーの量のバランスで、痩せるか太るかが決まってきます。もちろん、痩せるためには、摂取カロリーより、消費カロリーを多くすることです。これが基本の考え方になります。

例えば、体重1kgを減らそうとすると、約7,000kcal消費する必要があります。それには、1日につき200kcal減らせば、35日目に体重が1kg減る計算になります。

摂取カロリーを抑えて体重を減らすダイエット

摂取カロリーを減らすには、食べ物の選び方がポイントになります。カロリーを気にして、食品ごとに計算すれば確実ですが、忙しい中では大変だし、続けにくくなります。

ですので、「置き換えダイエット」や、「〇〇するだけ」など、単純にできるように工夫された方法が簡単です。その中でも効果が高い方法をご紹介します。

その前に、ダイエットする時の注意点は、摂取カロリーを減らしすぎないことです。生命を維持するのに必要なエネルギーを摂らなければ、健康が損なわれる恐れがあります。

1日の摂取カロリーは、最低でも自分の体重×20kcalを目安にしましょう。

朝バナナダイエット

朝バナナダイエットは、朝ご飯をバナナに置き換えるダイエットです。例えば、ごはん・おかず・味噌汁で約500kcalの朝ご飯を、一本約80kcalのバナナ何本かに置き換えて食べるのです。

摂取カロリーは大幅に減らせますし、バナナの食物繊維により満腹感が得られやすかったり、豊富に含まれるカリウムによって、体にたまった水分を排出してくれ、むくみを解消する働きもあるのです。

糖質制限ダイエット

人間に必要な栄養素は、脂質、炭水化物、タンパク質です。

そのうちの炭水化物=糖質の摂取を減らして、カロリーを抑えるのが、糖質制限ダイエットになります。

炭水化物を食べると、インスリンと言われるホルモンが働き、体脂肪を増やしています。ですから、炭水化物を制限すると、体脂肪が作られにくくなり、痩せやすいのです。

だからといって炭水化物を全く摂らないと、脳の働きが悪くなります。炭水化物こそ脳を動かす唯一の栄養素だからです。一度の食事につき、子ども用茶碗一杯くらいのごはん(約100g)は、脳のために食べましょう。

酵素ドリンクダイエット

一食分を、酵素ドリンクに置き換えるダイエット法です。

摂取カロリーが大幅に抑えられるだけでなく、ビタミン、ミネラルといった栄養素がバランスよく含まれているため、栄養価も高く、おすすめです。ビタミンやミネラルは、酵素の働きの補助をして、代謝もアップしてくれるのです。

さらに、酵素は胃腸をきれいにし、便秘や下痢などの不調を解消して、その結果お肌の調子も良くなるので、栄養ドリンクとしても魅力的なのです。

運動で消費カロリーを増やすダイエット

運動による減量を行うには、有酸素運動と無酸素運動を、バランスよく取り入れると、運動量もアップして、消費カロリーも増やせます。

この2種類の運動は、身体への働き方が違うので、取り入れ方もポイントになってきます。
手軽にできる運動を種類別にご紹介します。

筋トレ(無酸素運動)

無酸素運動は、瞬発的な動きで、酸素を使わない運動のことをいいます。
筋トレがこれに当たります。例えば、腹筋運動は、瞬発的な力で動いていますね。

無酸素運動は筋肉量を増やす働きがあるので、結果として基礎代謝を増やせるのです。ですから筋肉量が増えると消費カロリーも上がります。だから筋肉量が増えると痩せやすくなるのです。

水泳(有酸素運動)

有酸素運動というのは、息を吸ったり吐いたりしながら、時間をかけて行う運動のことです。ウォーキングや水泳がこれに当たります。有酸素運動は、血流が良くなるので、体脂肪を燃やしてくれます。運動をして体が温かくなることで実感できるはずです。

その中でも水泳は、水の中で行うことで、足腰への負担が少なく、かつ水圧の負荷によって運動量が増えるので、運動効果が高いのです。

有酸素運動は、運動した分だけ脂肪が燃焼されます。

ですが無酸素運動のように筋肉を増やして基礎代謝を上げるというわけではないので、有酸素運動は続けることが脂肪燃焼のカギになります。

短期間で効果を出したいと考えるなら、集中して有酸素運動を行うのがおすすめです。

体質を痩せやすくするには

体質を痩せやすいものにするには、基礎代謝を上げることです。やはり、食事と運動を組み合わせることが大切です。

酵素ドリンクやサプリメントは、ダイエットに最適な栄養素を含んでいます。筋肉が増えやすい栄養素も入っているので、基礎代謝を上げるにも効果的です。酵素ドリンク置き換えダイエットと、運動を組み合わせると、かなりの効果が期待できます。

一食を酵素ドリンクに置き換えると、
例えば朝食500kcalが、酵素ドリンク100kcalとなり、-400kcal。

さらに、筋トレと一時間の水泳を組み合わせると、-200kcal。

つまり1日およそ-600kcalです。

これをひと月続けると、2kgは痩せられて、健康にもなれますね。そして痩せやすい体質に変わってくるのです。

まとめ

話題のダイエット5本まとめ、いかがでしたでしょうか。

  • 摂取カロリーより消費カロリーを上げること
  • 食事でのダイエットと、運動を組み合わせること

この2つが、ダイエットのポイントであり王道です。しっかり取り組めば美しく健康な体が手に入れられることでしょう。